THE HIKIGATARI JOURNEY2018@兵庫加古川セシル
日時 12月1日(土)
出演 藤井一彦(THE GROOVERS)
開場 18時 開演 19時
前売¥3500 当日¥4000 別途ドリンク代要

ご予約はメール
cecilkakogawa@gmail.com
もしくはお電話
079 456 6383 迄

〒675 0066
兵庫県加古川市加古川町寺家町126 レグレスY 1F
ダイニングカフェ セシル

2015/01/09

未知との遭遇、あるいはやけっぱちの巻!

新しい発想や発明等は、偶然のひょんな事から生まれる事例が多い事は、小さい頃に読んだ、偉人の方々の話から察しがつく。

そして、革新的な発明や発想は、その時代において、興奮するようなアナキーさや、スリリングな暴力的感覚を兼ね備えるいる場合がある。

鳥になりたい、空を飛びたいと単純に思い、奇人扱いされながら飛行機を作ったマッド兄弟や、 神への冒涜、すれっすれで宇宙の神秘を知りたいと思い、月にロケットを飛ばしてしまうマッドな科学者達等々。

写真に写るこの逸品を発見した際に、ふとそんな事を考えたと同時に、軽い目眩をおぼえた。

水ようかんを、牛乳容器の紙パックに 流し込み販売しようと、一体誰が思い付くというのだ…
コロンブスの卵的発想にも程がある!

固まる前は、水ようかんもそりゃ液体でしょうが、せめて井村屋のお中元で頂く缶がせいぜいでしょう!

僕のような、超甘党の党員でさえ、1リットルの水ようかんは、さずかに脱帽!
誰も一度に食べろとは言うてないのですが笑

しかしこのセンス、なんだか宇宙食を連想してしまう僕である。

小さい頃、少年雑誌に載っていた、「近未来の生活は、こうなる!」みたいな、時代に近づきつつある昨今、和菓子にもその波が押し寄せているのかもしれない…。

で、味はなかなかやるやん!って感じです!

運がよければ、セシルで食べれるかもかも!